1. 教育学部トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 教育学部学校教員養成課程(美術教育講座)准教授または講師公募 【10/1必着】

教育学部学校教員養成課程(美術教育講座)准教授または講師公募 【10/1必着】

職名 准教授または講師(5年任期 テニュアトラック)
所属・担当 教育学部学校教員養成課程(美術教育講座) ※2021年度4月に課程名称を「学校教育課程」から「学校教員養成課程」に変更予定。
人数 1名
採用日 2021年4月1日
任期 5年間。(ただしこの期間の研究・教育実績によりテニュア(任期なし)への審査を検討します。)
試用期間あり(6カ月とする)
待遇 本学規則に従います。
年俸制(国立大学法人横浜国立大学年俸制教員(A)給与規則適用)
※専門業務型裁量労働制適用により、1週間あたり38時間45分働いたものとみなされます。
分野・専門領域 美術教育
担当科目 「中等教科教育法(美術Ⅱ・Ⅲ)」「初等教科教育法(図画工作)」「小教専図工」「基礎演習」「教育実地研究」「教職実践演習」「課題ゼミナール」「卒業研究」
等の学部専門教育科目及び全学教育科目。
美術科教育に関わる専門科目および「教職専門実習」「課題研究」などの教職大学院授業科目。
 ※2021年4月教育学研究科改組予定(事前伺い申請中)。
応募資格・要件 (1)修士の学位を有するか、またはこれと同等の研究業績を有する者
(2)美術領域におけるいずれかの実技指導ができる者
(3)教職大学院の指導が担当できること
   (大学院修士指導経験を有することが望ましい)
(4)教員養成に熱意を持っている者
(5)小学校、中学校、高等学校、特別支援学校等のいずれかで常勤の教諭として概ね10年程度の教育経験を有する者
提出書類 (1)履歴書(指定様式、備考参照) 1部
(2)教育研究業績書(指定様式、備考参照) 1部
  ※文部科学省の教職課程認定で科目の担当者として認定されたことがある場合はその旨明記してください。
(3)主要な著書または論文(別刷またはコピーでも可) 5編以内
(4)科学研究費補助金等の競争的研究費の獲得状況(様式自由) 1部
(5)応募者の作品ファイル、展覧会図録など 5点以内
(6)(3)の主要な著書または論文の概要(各400字程度) 1部
(7)これまでの研究概要と着任後の研究計画(2,000字程度) 1部
(8)これまでの教育指導に関する実績(A4用紙1枚以内) 1部
(9)着任後、教員養成に関わる上での抱負(2,000字程度) 1部
(10)応募者について所見を求め得る方の氏名と連絡先(2名以内)
応募締切 2020年10月1日
(必着)受付終了
送付先 〒240-8501 横浜市保土ケ谷区常盤台79−2
横浜国立大学教育学部 学部長宛
雇用者(募集者) 国立大学法人横浜国立大学長
備考 1.封筒に「美術教育講座応募書類在中」と朱書きし、書留郵便にて送付して下さい。応募書類の持ち込み(本学への持参)はご遠慮下さい。原則として提出書類は返却いたしませんが、提出書類の返送を希望する方は、返信用封筒(切手を貼付し、返送宛先を明記)または宅配便着払い伝票(返送宛先を明記)を同封して下さい。
2.提出書類の「履歴書」「教育研究業績書」の様式は、本学部Webサイトからダウンロードして下さい( https://www.edu.ynu.ac.jp/about/employment/
3.必要に応じて面接等を行うことがあります。ただし、その場合の交通費、宿泊費は自費となります。
4.地方公共団体(傘下の小・中・高等学校、特別支援学校等を含む)を退職し、引き続き本学に採用されることとなった場合、退職手当の通算は行いません。
問合せ先 横浜国立大学 教育学部 美術教育講座 
小池 研二
メールアドレス:koike-kenji-fmynu.ac.jp

・提出書類については、選考に係る審査にのみ利用し、本学の規則に基づき適切に管理します。
・提出書類は返却いたしません。
・本学では、横浜国立大学男女共同参画宣言の精神に基づき、また、人材の多様性を目指す視点から、女性および海外での教育・研究経験者の積極的な応募を歓迎します。

その他の採用情報は、以下のページに掲載しています。


ページの先頭へ