1. 教育学部トップ
  2. 学部案内
  3. メッセージ(課程長)

メッセージ(課程長)

学校教育課程長 鈴木俊彰

 あなたは子供が好きですか? 子供に教えることが好きですか?

 学校教育課程には、「好きです」と自信をもって答えられる学生たちが大勢集まっています。それは、教師になることを目指す上でとても大切なことです。しかし、子供が好きなだけでは教師は務まりません。また、教えることが好きなだけでも教師は務まりません。4年間の学びを通して、「子供が好きだ」という気持ちは「子供たちと活動することが好きだ」という気持ちへ、そして「教えることが好きだ」という気持ちは「子供たちと一緒に学び合うことが好きだ」という気持ちへと変容していくことが望まれます。子供たちとともに自らも成長し、教師としての資質や能力を身につけていただきたいと思います。

 学校教育課程は、教員養成を使命とする課程です。地域の教員養成の中核としての役割を果たし、教育現場の未来を支えるべく、子供の学びへの支援の方法を能動的かつ協働的に創造していける次世代の教員を養成することを目指しています。知識や技能を教えることだけが教育ではありません。これからの社会を担う子供たちが、身につけた知識・技能を活用して考え、判断し、表現し、よりよく社会に参加していくために必要な資質・能力を育むことが、今後ますます求められてきます。したがって、教師を目指すためには、高い専門性はもちろんのこと、より柔軟な実践性も身に付けなければなりません。

 学校教育課程では、大学での授業〔理論〕と学校現場での実習〔実践〕の往還により指導力を育成するため、1年次から4年次まで継続して学べる実践的かつ先進的なカリキュラムを用意しています。1年次春学期に「教職入門」および「基礎演習」において教育・教職に関する基礎的・基本的な知識を身につけ、教育実地研究(1年秋)、スクールデー実践(2年春または秋)、教育実習(3年春)、教職実践演習(4年秋)という実践的な学びを系統的に継続して行っていきます。これからの学校に求められる「深い学び」、「対話的な学び」、「主体的な学び」を実現していくために、早い時期から学校や子供たちの現状に触れ、主体的かつ能動的に教育の場と関わり、多角的な視野と洞察力を兼ね備え、社会、学校、子供の変化に柔軟に対応できる次世代の教員養成を目指します。

 本学の学校教育課程の実践的学習は、これまでも学外活動や数多くの教育ボランティア、そして全国に先駆けて行ってきたフィールドワーク研究などの実績により高く評価されてきました。学外活動などの場では、子供たちだけでなく、学生たちも笑顔で輝いています。教師という仕事は、とても魅力的な仕事なのです。高い専門性と幅広い実践性を兼ね備え、何よりも教育に対する強い熱意をもち、卒業後は教師として活躍し、子供たちとともに自らも成長し続けていくことを願っています。


ページの先頭へ